BLOGブログ

ベルリッツ岡山ランゲージセンターは、ここが違う①!

1. あなたの学習目的をしっかりヒアリングします。

日本人コンシェルジュが あなたの学習の目標や学習方法、期間を伺います。
ヒアリングをもとに、現在の語学力とゴールまでのギャップを埋めるための具体的な計画を立てます。
そして、受講ペースや、学習プランをより効率よくする設計をお勧めします。

あなたに必要なことは、

① ゴールを決める

適切な長さの期間を設定し、ゴールを具体化しましょう。
長すぎても、短すぎても目標達成はむずかしくなります。適切な長さで余裕ををもったプランニングが大切です。日本人コンシェルジュとお話ししながら進めましょう。
どのような内容を外国語で表現したいか?を明確にします。具体化もコンシェルジュがお手伝いします。

② マインドセット(意識づけ)する

スタートは今日(今)から!と 自分自身に誓います。そして、毎回のレッスン前に小さな目標を設定します。
意識づけと、「あ、言えた」「通じた」という=「小さな成功例」を積み重ねることにより学習意欲がアップします。

③ スケジュール帳を作る

計画に従い、始める前にスケジュールをダイアリーに書き込みます。目で見てすぐにわかることが大切です。計画表を作り、毎回のレッスン後や 日々の学習の中で疑問に思ったことや 感じたことを、たくさん書き込んでください。
ツールは 紙に手書きもよし、ITが得意なら アプリなどを利用するのも効率的です。 見るたびに満足感が増し、学習の習慣づけができ、楽しみのひとつとなるでしょう。

④ 小さな達成感を味わう

レッスンごとの学習ポイントを意識して受講しましょう。ひと言でも多くOutputしましょう。「知っている」から「使える」へシフトするには、声に出してみることが大切です。そして、会話で1回でも多く使ってみる、つまり 使用する頻度を上げて 使える言葉・フレーズとして定着させます。

⑤ レッスン録音を聴きながら、復習する

ベルリッツのレッスンは録音可能です。 ICレコーダーや スマートフォンに録音し、細かく時間を見つけて繰返し何度も録音を聴き直しましょう。 予習のためにテキストのAudioを聞くことも大切ですが、わからなかった単語やフレーズ、聞き取れなかった音、自分の発音の弱点などが聞き直しにより見つけられます。レッスン中には気づかなかったことを発見するチャンスでもあります。

⑥ カウンセリングを活用する

語学学習は コツコツと小さな努力の積み重ねです。その忍耐力とモチベーションをキープするエネルギーが必要です。たった一人で続けるのは 心が折れてしまいそうになることがあります。そこで、私どものカウンセリングシステムをご利用ください。学習する上でのご要望や、最近感じることなど気楽にを日本人コンシェルジュにお話しください。